ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイでは土岐麻子/歌唱(作詞)・川口大輔/作曲による新しいホテルオリジナルソング「picture frame」を発表いたします。
 
土岐麻子さんは資生堂「エリクシール シュペリエル」CMソングをはじめ、数多くのCM音楽の歌唱やTV、ラジオ番組のナビゲーターを務める” 声のスペシャリスト”です。今回、自身のラジオ番組「TOKI CHIC RADIO」公開録音イベントを弊社で5回開催して頂いたご縁で、ホテル50周年を記念したオリジナルとなるCMタイアップソングを作成していただきました。
 
この曲は人びとが集う「ホテル」と結びつきの「ウエディング」をモチーフに、当ホテルを訪れた際に感じた雰囲気を思い浮かべ作詞されました。幸せな気持ちになりホテルに足を運びたくなるような楽曲に仕上がりました。
 
 
【土岐 麻子コメント】
私はここ数年、毎年夏に「ブランミュール」や「スカイテラス」でライブをさせていただいています。そのたびに「ここはウエディング会場として、たくさんの夫婦を祝福してきた場所なのだな」と思っていました。幸せを送り出す場所としてのホテルをイメージして、私から50周年のお祝いの曲をお贈りします。作曲は同じく毎年熊本で演奏をしてくれている、川口大輔氏。ストーリーのモデルは、今年結婚した友人夫婦です。
 
【川口 大輔コメント】
ホテル創業50周年おめでとうございます。震災に際しては大変なご苦労もあったことと思いますが、いつも極上のホスピタリティで迎え入れて下さる皆様の門出を、今回自らの楽曲でそのお祝いできることが非常に嬉しく思っております。土岐麻子さんが人と人との出会いに思いを馳せながら先に言葉を紡ぎ、後から僕がメロディを添え、楽器を重ねて行きました。気に入って頂けますように!

【土岐 麻子】
Cymbals のリードシンガーとして、1997年にインディーズ、1999年にメジャーデビューを果たす。2004年のバンド解散後、実父 土岐英史氏を共同プロデュースに迎えたジャズ・カヴァー・アルバム『STANDARDS ~土岐麻子ジャズを歌う~』をリリースし、ソロ始動。本人出演/歌唱が話題となったユニクロTV-CMソング『How Beautiful』を始め、NISSAN「新型TEANA」TV-CM ソング『Waltz for Debby』、資生堂「エリクシール シュペリエル」CMソング、『Gift ~あなたはマドンナ~』など、自身のリーダー作品のみならずCM音楽の歌唱や、数多くのアーティスト作品へのゲスト参加、ナレーション、TV、ラジオ番組のナビゲーターを務めるなど、“声のスペシャリスト”。レギュラーラジオ/JFN系「TOKI CHIC RADIO」(2009.10~)。メールマガジン「marble」(2017.10~)。
オフィシャルHP www.tokiasako.com(PC・携帯共通)
 
【川口 大輔】
シ ンガーソングライター。作曲 家。幼少時代からピアノを習いはじめると同時に、世界各地で暮らし幅広いジャンルの音楽に親しむ。2003年、ミニアルバム「BEFORE THE DAWN」でデビュー。JUJU、中島美嘉、平井堅、CHEMISTRY、Voices of Korea/Japan(2002年 FIFAワールドカップ公式ソング)、今井美樹、土岐麻子、DOUBLE、三代目J Soul Brothers 他多数に楽曲提供。久保田利伸、由紀さおり 他のサウンド・プロデュースも行う。
[川口大輔 オフィシャルブログ http://ameblo.jp/daisukekawaguchi/ ]