X’mas試食会にて

HTML Source EditorWord wrap

今年もあと1日、一年あっという間に駆け抜けた感じがしています。

少し前になりますが、イブイブの23日クリスマス試食会を開催いたしました。

大人気会場の25階「ブランミュール」から見る冬の空は、星星がキラキラしていて・・・

テーブルのシャンパングラス越しに見える町の灯かりも、とっても綺麗でドラマティックでした。

santa2-mini.jpg

メニューは洋風会席「スペシャリテ」、上野総料理長オススメの逸品メニューです。

気兼ねなくお箸で召し上がっていただける洋食のコース料理で、ご参加の皆様からは大絶賛!

お料理自慢の鼻がまた高くなりました(笑)

お酒も程よく入って、皆さん良いお顔色で帰路につかれるお客様をお見送り・・・

「メリークリスマス♪」

皆さんにご満足いただいて、素敵なクリスマスの試食会がお開きとなりました。

やはり、皆さんお料理重視なので、実際召し上がってみてご安心いただいたようです。

さぁ・・・これからが私達プランナーの責任は重くなっていきます。

「ニュースカイホテルで挙げてよかった」「あなたが担当でよかった」と言っていただけるために!

私達は真っ白な心でお二人色に染まりながら、全力でお二人の夢をかたちに変えていきます。

100%のご満足は当たり前、120%130%を目指して頑張ります!!!

「ご活躍さまでございます!!」

「お疲れ様です!」通常良く使っている言葉ですが・・・

先日、3階の衣裳室「フォーシス&カンパニー」にお客様をご案内しているとき、「ん?」と聞きなれない言葉を耳にしました。

詳しく聞いてみますと、「ご活躍さまでございます。」
dress-shop.jpg

フォーシス&カンパニーでは、スタッフ間での挨拶は「ご活躍さまでございます。」と言うのだそうです。

「お疲れさま」が相手へのねぎらいだとしたら、「ご活躍さま」は相手の成功を祝福するポジティブな言葉だなぁと関心しました。

お客様をお見送りする時、決して「ありがとうございました。」と言わず、「ありがとうございます。」という会社もありますし、言葉の使い方でも会社の考え方が伺えますね!

フォーシス&カンパニーが全国に何店舗も展開している発展のカギがここにもあるのかなぁと思いました。
dress-shop2.jpg

初登場momomaroです♪

暑~い夏に熱くなる記事を見つけましたので、ご紹介します。

『女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」が、W杯初優勝という金字塔を打ち立てた。今まで一度も勝ったことのない最強のアメリカを相手に、労を惜しまない勤勉なサッカーで2度のリードを許しながら2度とも追いつき、最後のPK戦は気持ちで圧勝した。

今大会注目されたのが、佐々木則夫監督の選手達のモチベーションの高め方だ。

PK戦の直前には、「2度も追いついてPKなんて儲けものだろ。楽しんで来い」と選手たちに言葉をかけたという。笑顔で送りだされた日本選手たちは、こわばった表情のアメリカ選手とは好対照だった。

準々決勝の開催国ドイツ戦の前には、選手達に東日本大震災の被災地のスライドを見せた。そのとき佐々木監督は「本当に苦しいときは、被災地の人を思って踏ん張れ」と語ったという。スライドの最後に「自分達に今、できることは何だろう」とテロップが現れると、選手達は号泣したという。

アメリカとの決勝戦の前には、女子代表チームが編成されたばかりの80年代先輩達の映像を見せた。選手たちは、「女子サッカーの歴史を築いてきた人たちがいて、今の自分達がいるんだ」と感謝の気持ちが自然にわきあがったという。

佐々木監督が選手たちに求めたのは、自分よりも「日本の被災者のため」「先輩達のために」プレーするということだった。』

そういえば、「感謝」「おもてなし」といったキーワードで、ご自分達の結婚式を考えている新郎新婦様たちが増えています。自分達は、お招きしたゲストをおもてなしする主役であると・・・

結婚式をつくるにあたって、この気持ちの面は、とても大事な要素だと思います。

心から「なでしこジャパン」に祝福のエールを贈ります♪